×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Erik Satie (エリック・サティ)についてまとめています。

エリック・サティ うぬぼれ少女百貨店


風変わりな言動

自分の写真に死後の西暦を


サティは、友人のピアニストに自分の写真を送ったのですが、その写真には「思いやりのあるジャン・ヴィエネールへ, パリ, 1929年11月9日」と記されていました。
しかし、サティが亡くなったのは1925年!
実際に送られたのは1922年とのことで、未来の日付を記したことになります。

私は当時のフランスの文化に精通していないので、普段、どこまで西暦を意識した生活を送っていたかはわかりません。
それでも、西暦を7年も間違えたりすることがありえるでしょうか。
勘違いというよりは、サティ流のユーモアの一つととらえた方が良さそうです。



カウンター