×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Erik Satie (エリック・サティ)についてまとめています。

エリック・サティ うぬぼれ少女百貨店


風変わりな言動

89枚のハンカチ


サティは1925年、肝硬変により、パリの聖ジョセフ病院に入院することとなりました。
その際、サティは自分の荷物を持ってくるようにある人に頼みます。
そこで、サティ宅から荷物を受け取ったその人は、中身が89枚のハンカチであることを知って驚愕します。

その後も日に日に症状は悪化し、ついに1925年7月25日、病院のベッドで亡くなります。
死後、弟のコンラッド・サティや、友人たちはサティ宅に遺品を回収しに来ます。
生前、自分の他に誰も入れなった家の中は想像の上を行くもので、友人たちは大変驚いたとのことです。
(詳細追記予定。)



カウンター